FC2ブログ

071/■新築のスケジュール

ここで改めて、家を建てるときには、一体どのような手順が必要で、どの程度時間がかかるのでしょうか?
新築では、計画、検討、契約、工事などの段階を経て完成します。それぞれの段階にかける時間はケースバイケースですが、ここでは我家のような標準的な木造2階建ての住宅を建てる場合の手順を例に挙げてみましょう。
1.計画  
まずは家族でどんな家に住みたいのかを徹底的に話し合います。現在の暮らしについての不満や要望はもちろん、将来的な家族構成なども考えて調整します。そして、情報収集もあかせません。住宅雑誌やホームページのほか、一流メーカーの住宅展示場を一度見学することをおすすめします。そして、忘れてはならないのが資金計画です。準備できる自己資金や住宅ローンのほか、親からの資金贈与などが望めるなら、概算で総予算を計算します。

2.検討  
いよいよ、具体的に家を考えていきます。まずは敷地調査で、家を建てる予定の土地の法的条件や地盤、周辺環境などを確認したり、調査会社に依頼します。そして、おおよその予算と建てたい家の希望を建築家や住宅メーカーに伝えて検討します。いずれにしても数社に同じ条件で検討してもらうのが必須!そのなかで気に入ったところに絞り、より細かな条件を伝えて、本見積りを行います。

3.契約  
家族が納得できるプランが出来上がれば、いよいよ契約です。工事請負契約を結び、建築にかかります。基本図面、実施図面、確認図面などさまざまな書類に目を通し、設計内容や工事の金額に納得できるか十分検討して契約することが必要です。お金の問題など大変ですが、ココが一番楽しい時です。

4.工事  
地鎮祭をしてから着工することが今でも多いようですが、ご近所への挨拶は忘れずに!それでも文句を言う人は言ってきますが・・・
工事は基礎工事、上棟式、屋根工事、造作工事と進んでゆきます。工事中もこまめに現場を訪れて家の構造を見たり、工事の進捗を確かめて施主としての熱意をみせましょう。

5.完成・引き渡し  
いよいよ完成すると、設計通りに出来上がっているかをチェックする竣工検査が行われます。問題がなければ、いよいよ引き渡しで新居へ引越して、新生活が始まります。

●この記事が参考になった!
という方は↓カチッと応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



theme : 家作り日記
genre : ライフ

月別アーカイブ