FC2ブログ

072/■設計を建築家に頼む

建築家に家の設計を依頼するメリットはなんでしょうか?
それは正しく自分の思い通りの家が出来るということです。
また、変形地や難所地などはかえって、設計家の腕の見せ所です。会社や工法に制約のあるハウスメーカーや工務店などの設計とは、一味も二味も違ったプランが生まれるでしょう。
家を建てるということは、ほとんどの人が一生に一度の経験になるはず。細部にまでとことんこだわって、わが家ならではの家を建てたいという場合は、建築家や設計事務所に相談するのがお勧めです。施主の希望をもとに、家族構成や生活パターン、価値観などもふまえたオリジナルなプランを考えてくれるでしょう。また、狭小地や変形敷地など土地に制約がある場合も、建築家や設計事務所のノウハウを利用してみたいもの。なお、実際の工事については、設計図面ができた段階で施工会社数社に見積もりをとり、決めるのが一般的です。

また、工事を第三者の目でチェックしてくれるので安心です。 
建築家や設計事務所は住まいのプランを考えてくれるだけでなく、工事が始まるとその進行段階に応じて現場に足を運び、工事監理をしてくれます。予定通り工事が進行しているか、設計図どおりの工事が行われているか、また何か不都合が起きた場合にどう解決するか、これらのチェックや調整を施主に代わり行ってくれるのは大きな魅力です。
 
一方、建築家や設計事務所に依頼する場合、建築費とは別に設計料がかかります。建築費の10~15%程度が目安で、自己資金で用意しなければなりません。また、建築家や設計事務所は建築のプロだけに、自己主張が強く施主の意見をあまり聞いてくれないという話も聞かれますが、そんなことは稀でしょう。つまりは設計料や相性など自分の好みや感性に合う設計家をじっくり探すことです。
 
自分にあった建築家や設計事務所を探す方法としては、住宅専門誌などで紹介されている施工例を見たり、実際に街を歩いてみて「いいな」と思う家があればその施主に設計した人を紹介してもらうといったことが考えられます。また、インターネットで建築家のホームページや、実際に家を建てた人の体験報告なども参考にしてみてはどうでしょうか。

●この記事が参考になった!
という方は↓カチッと応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



theme : 家作り日記
genre : ライフ

月別アーカイブ