FC2ブログ

080/■地鎮祭と上棟式

KAITEKI~快適~では住宅に関わる記事を色々書いてきましたが、まだきちんと触れていなかった地鎮祭と上棟式についてお話します。
●地鎮祭  
整地がすみ、いよいよ着工という時におこなうのが地鎮祭です。
これから始まる工事の無事と、施工関係者の安全を祈願して、土地の神様をまつる儀式です。家庭によっては宗教に対する考え方や宗派の違いなどから地鎮祭は省略してもいいのではという場合もありますが、施工関係者は安全祈願のために、ぜひ行いたいという意向が強いようです。自分たちの家族だけのことではありませんので、宗教儀式として捉えるよりも、大仕事の前のイベントと考えた方がいいかもしれません。

地鎮祭の進め方については、施工会社のアドバイスにそって準備をしていけばいいので心配をすることはありませんが、気をつけなければいけないのは、その土地土地に独自の風習がないかということです。地域によっては、ご近所にもちをくばったり、お酒を振る舞ったりという手配をしなければならない場合もあるようです。これから自分たち家族が生活する場所ですから、面倒でも地域の習慣を知り、それにそった心配りは、今後の近所付き合いにも影響するはずです。

地鎮祭は、家を建てるというプロセスの中に組み込まれたものとして考え、神社の玉串料やご祝儀、お供え物、ご近所へのあいさつなどの費用の負担はすべて施主側が負担します。あらかじめ資金的な用意はしておく必要があります。

●上棟式  
柱が立ち、屋根の骨組みができあがるころに、工事関係者を慰労し、これからの工事の無事と完成までの順調な進行を関係者にお願いするのが、上棟式です。地鎮祭と違って、神様への儀式ではなく、あくまでも関係者慰労が目的です。地鎮祭とともに、施工関係者に気持ちよく仕事をしてもらうためのイベントとして気持ちを伝える場でもあります。

上棟式は「棟上げ」や「建前」とも呼ばれますが、棟とは屋根の一番高い部分のことです。その棟を含んだ屋根の部分が組み上がるのは、ちょうど工事の半ばにあたります。長い工事の中間地点で、職人さんや工事関係者のこれまでの労をねぎらい、仕事のメドがついたことでの軽い打ち上げといったところです。

施主側が用意するものとしては、工務店や棟梁へは1~2万円、施工関係者、参列者へのご祝儀は5千~1万円。清酒、ビール、ジュースなどの飲み物、おつまみ、折り詰め類や赤飯などの食事などです。施主が接待役になり宴会の用意をします。

地鎮祭と同じく、こちらにも地域の風習がある場合があります。屋根からおもちやお金をまくという習慣がある地域もあるようです。地鎮祭と同じように、今後のご近所付き合いに影響を及ぼすことですので、こうした地域の風習については要チェックです。


●この記事が参考になった!
という方は↓カチッと応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



theme : 家作り日記
genre : ライフ

月別アーカイブ