FC2ブログ

T195/追突軽減装置

自動車事故で多いわき見運転などによる追突事故。
それを防いでくれるのが、追突防止装置です。

今では、軽自動車にも装備されるほど、これを普及させたのがスバルの「アイサイト」です。
アイサイトは、人の目と同じように2つのカメラを利用した仕組みで、オプション価格10万程度と
低コストが魅力です。
30キロ以下なら完全停止、全車追従、車線離脱警告もできます。

ダイハツの「スマートアシスト」は、レーダー方式で機能を絞ることでコストをアイサイトの半分にまでに。

そして、我が家にあるアコードツアラーにも「CMBS」というのが装備されています。
ホンダは赤外線レーダーで障害物を検知、霧や雪でも影響を受けにくいのが特徴です。
そして、車線離脱はカメラ映像を解析して、こちらもどしゃ降りで白線が目視できないような
高速道路でも使えたのにはビックリ!ハンドル操作をアシストしてくれてありがたい機能です。

各メーカーでその仕組みや機能は変わりますが、いつ使うかうのか?解らないエアバックよりも
標準装備にして欲しい装備だと思います。
事故防止と快適運転に一役かってくれる先進装備、もっと普及して欲しいですね。
スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ