FC2ブログ

092/■快適とおもてなしの光に

家にインテリジェンスを求めたいとき、一番わかりやすいのが人にどれだけ優しいかを求めることと似ている気がします。
すなわち快適、便利、安全、防犯などを照明で表現するとこんなカタチが一つの理想です。
設計時点では時間タイマー制御だったアプローチの照明(ダウンライト)は、調光とパイロットスイッチを組み合わせたものでした。
しかし、タイマーの時間外に点灯させたい場合があり結局、タイマー連動をやめていました。しかし、私がかねてからこのアプローチはこの家の重要な空間だというこだわりから、ここの照明についても機能性を高めたいと思っていました。そこで、電器メーカーのセンサー関係のカタログを調べ、先日やっと完成させました!
電気工事会社へ見積もりをしてみると器具と工賃で4万ほど。でも、なにより踏み切れないのがセンサーが目立ってしまうことです。
そこでデザインをこだわりたい私は、自分でやってしまうことに・・・
エンドウ製のダウンライトが3連続で2箇所のところを、一つをセンサーに変更し、見た目の穴の数を変えずにしています。
さらに探しても外部用だと器具の直径が大きく、センサー部分が出っ張り見た目がイマイチでした。そこで、直径の小さい屋内用のものでホワイトしかなかったのですが、自分でブラックに塗装しました。
そうして加工したセンサーをやはりセンサーをピッタリおさめるために加工したダウンライトの器具にはめ込みました。
このセンサーは長いアプローチに合わせ、親機と子機で連動させています。明るさセンサーも付いているので暗いときで人を感知したときに点灯します。
人をもてなす灯りとしていつでもスッと反応してくれる、まさしく快適な光の完成です。
P1000741.gif
■3個のうち一個をセンサーに変更。白い部分は感知部でここだけは黒くできません。天井面にフラットに設置。

●この記事が参考になった!
という方は↓カチッと応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



theme : 家作り日記
genre : ライフ

月別アーカイブ