FC2ブログ

T470/納骨を終えて

ここで心境を語ると、改めて本当に大事な人を亡くして悔しい思いでいっぱいになります。
その友人本人だけでなく、母子家庭だった母親ともたくさんの付き合いがあったので、この一か月ちょっとで私が家に顔を出したのは20回以上になります。

友人の死後、ずっとお母さんの心境の変化にも気を付けていましたが、やはり最近になって後悔の念や悲しさがあふれ出ることがあります。

その姿を見てられず、私も何度も涙をこらえられないシーンが多々あります。
そうして、納骨の準備を一緒に進めてきて、一区切りが付いたような付かないような気分でもあります。

それは、そのお母さん自身に大きな病を抱えているかも知れないということ。
かも・・っというのは、本人も「ひどい」と口にするほどで、病院へ行くと怒られ、そのまま色々面倒だというのです。

助かる命は助けたい!それが大親友の母親で、それも良く知る第二の母親だとしたらなおさらです。

強く、涙ながらに「とにかく病院へ」行くことを約束しましたが、結局は本人の問題で他人がどうこう言うことも悩みます。
そんな時、亡くなった友人ならどうするか?母親のことをどう思っていたか?を考えると、何となく答えは見えてはきます。

まだまだ、今後も友人の遺品整理などでお母さんと話すことが色々あるので、これからも見守っていくことが私にできることです。

スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ