FC2ブログ

014/■施工業者の選出

いよいよ図面が完成すると、その建物をどの建設会社に施工をしてもらうかを選出すのも大変な作業となりました。今回の建物はある程度の施工技術を必要とするのはもちろん、建築家との仕事を実践している施工会社に限ります。また、すべての行程を施工図を作製して進めていくために、工期も通常より長めにとっています。
そうして雑誌やインターネットで探していくと、この条件に当てはまる施工会社は主にデザイン系建築を手がける会社で、建築雑誌などでもわりと目にする会社となります。しかし、この不況下においてこれらの施工会社はまさに勝ち組!で、忙しいあまりなかなか仕事と受けてもらえません。でも、実績などを調べるとやはりこれらの勝ち組の施工会社のイメージは良く、なんとか少しでも安く工事を請け負ってもらいたいです。
結局、5社による見積もり入札の結果、今回の工事は大山組(本社:川崎市)という会社に工事を託すことになりました。各社の見積もりは、予算を大きく上回り、一番安いところでも概算の500万円のオーバーという、減額にはかなりの決心・妥協が必要と思われました。各社、声をそろえて「仕上げ・設備が良いからこのくらいはしますとの」見解です。
当初大山組は、一番見積もり金額が高く、真っ先に没にした施工会社でした。「どれを減らそう」というよりも「どれを残そう」という大きな減額を検討していた中、2番目に高い見積もりだった建設会社に設計の甲村氏が断りの電話をしたところ、ちょっとまって!コールがはいり、なんと大きな値引きをしていきなり一番安い金額を提出してきました。これと同じことが大山組でもはじまり、結局この2社からの選択までに至りました。この2社は「甲村氏と仕事をしたい」という、いわば名刺代わり、赤字当然の金額を提出してきたわけです。結果は金額や会社の規模を考慮して大山組となりました。
決定以後、工事契約をして、近隣挨拶、敷地境界立会い、解体、地鎮祭とおこなっていく中、実に丁寧な仕事をする会社です。こんなペースで完成まで~技術力も非常に高く、甲村氏も絶賛の本当に素晴らしい会社です。

バナー

●この記事が参考になった!という方は↓カチッと応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

月別アーカイブ