FC2ブログ

T859/13か月経過

昨日の外来報告です。
治験を開始してから13か月が経過して、今では輸液(点滴)も全くやらないで2か月が過ぎました。

日本では、現在8名の被験者がいますが、私は一番良い結果だと聞いて率直に嬉しく思います。
そして、「完全に点滴をなくせるのはあり得ない」と思いつつも、それを最大の目標としていたので、今の現実は本当に凄いことだと実感します。

治験薬の認可には、やはり良い結果データが必須で、たとえ8名でも効果が誰にも現れない薬では話が進みません。

しかし、主治医とも話をしましたが、毎日必要なこの皮下注射薬がかなりの高額になる見込みで、この薬を必要tとする人にさえ、誰でも使える金額ではないことです。

私も今は、費用の心配はありませんが、今後の認可や副作用が現れたときなど、さまざまな状況により治療が続けられない可能性もあります。
点滴のない毎日が普通なのではなく、私にはやはり特別なことだというのを改めて思いました。

スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ