FC2ブログ

176/■和/空間 BEST100

いつもなら、掲載された雑誌は必ず一冊くれるのに、今回は違っていました。
この本というか作品集は何せ一冊12600円!で、かなり高い。
0712-1835-3c.jpg
それはそうと、主に一階ですが、我家は私の強い意向もあって日本古来の和の建築の良さを取り入れるべく、さまざまな奮闘をしました。

敷地内はコンクリートで埋めてしまうのではなく、土面積をできるだけ多く残し、日本庭園などにもよく使われる笹やタマリュウ、テイカズラなどのグランドカバーを多く植栽しています。

シンボルツリーには、日本の四季が感じられるシラカバとヒメシャラを植栽していますが、和室から望む幹の美しさを愉しむために株立ちを選択しています。

アプローチの櫛引壁や玄関から和室、シラカバ庭へと続く収納には、木目の美しい杉板とスス竹の天井を採用しています。
幅は狭いながら縁側も設け、ヒメシャラ庭の下見張り敷地外壁もヒノキにするなどしています。

他にもタモ材を使った天井までの格子扉や配色なども落ちつたものとしています。


こうしたこだわりも、「落ち葉は誰が掃除するの!」「もっと安い木にすれば・・」「外壁に木は腐るから」などなどを説得し、工事途中でも妥協なく竹天井や下見張りの外壁などに変更したのです。


とてもシンプルで小さな空間ですが、和の表現にもこだわった我家。

皆さんも本屋で見つけたら、のぞいてみて下さい。
※他にも甲村健一設計の住宅が4作品載っています。
スポンサーサイト



theme : 家づくり日記
genre : ライフ

月別アーカイブ