FC2ブログ

194/■原油高で空飛ぶ節約

止まらない原油高の影響は、航空機業界にも大きな影響を与えています。そんな中、経営を維持すべく大きなコスト削減に取り組んだのが、国内大手のJALです。
以前にも、JALのコンテナ専用飛行機の車体塗装をやめたことによる、軽量化でジェット燃料の削減に取り組んでいる話題をニュースで見ました。
今度は旅客機内のサービス備品の話です。
今までと同じデザイン・サイズで素材を見直すことで、一食分のスープン&フォーク&食器で-65g、新型ワゴンで-15kg、機内誌で8ページのマイナスをした結果、一機あたりで-500kgで年間1000万円の燃料費節約になるといいます。これは、JAL全体で実に、年間7億円の燃料費節約になります。
塵も積もれば・・・ではないけど、企業努力でスプーン1本をも見逃さない節約で、結果として大きなエコロジーとして二酸化炭素削減にもつながります。
スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

月別アーカイブ