FC2ブログ

283/■屋上緑化にパフカル

近年、都市部での温暖化防止対策の一環として、屋上緑化が進められていますが、屋上緑化向けの土として重要なポイントは軽く、保水性、通気性が求められます。

そんな中、サントリーが開発した「パフカル」は、土を使わず軽くて植物が良く育つ苗床です。
すでにミッドタウン東京などで実用化が進んでいる屋上緑化システムです。

サントリーは酒等の原料である植物の研究などから、園芸部門にも多くの商品を開発しています。
サフォニアというたくさん咲くペチュニアの改良品種などはかなり有名!

キリンやアサヒビールもこうしたバイオエタノール、園芸事業もおこなっており、世界初!「青いバラ」なんていうのは、飲料メーカーであるサントリーの努力によって生まれたものです。
サントリー パフカル
スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ