FC2ブログ

384/■鳥のために

P1020906.jpg
ゴマの鉢に蒔いた種がなかなか発芽しないと思ったら、先日鳥ががせっせと突いているのを目撃。
つまり、種を蒔いても蒔いても食べられていたのです。

そこで、今度は鳥のためにご飯に炊き込むときに混ぜる「十六穀ご飯の元」を土の上に、パラパラと置いてあげました。

するとやはり、鳥は食べに来ましたが、その後、それら十六穀から発芽する事態となりまして・・・

今では、白樺の木にいる虫を突いたり、その下のウッドデッキにあるエゴマの鉢を突いたりと、毎日すずめや名前のわからない小さな鳥が訪れる場所になっています。

写真には、他にも鳥が運んできた種の発芽や本来の目的であったエゴマ。そして、水飲みを用意してあります。

スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ