FC2ブログ

460/■25%の実態

2020年までに温室効果ガス削減に掲げた鳩山首相の言う25%の達成には、私たちに生活を大きく大きく変化させないと達成できないことが実態となります。

家庭からの二酸化炭素を減らすには、2020年までに

1.太陽光発電 31%(全住宅の3件に1件は屋根で発電する計算)

2.次世代自動車 40%(新車販売でいえば90%がハイブリッドなどエコカーでないといけません)

3.省エネルギー住宅 100%(すべての住宅が省エネサッシ、ガラス、断熱)

4.高効率給湯器 90%(エコキュートをはじめ、家庭用燃料電池発電など)

これは、試算によるイメージですが、鳩山さんが拍手喝采でいい気分になった数値25%が、いかに私たちの生活で大きな負担となるかは・・・

これだけのことを達成するのは、個人だけでなくまたまた多くの補助金や税金などが使われます。
これを機会に、日本が環境先進国としてどれだけの結果が出せるか、私たちの努力もますます必要なんです。

スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ