FC2ブログ

488/■住宅へLED

宅では、これまで常夜灯として使われることの多かったLED照明ですが、省エネをはじめ長寿命など、その高い環境性能からここ数年で急速に研究・開発が進んでいます。

一般家庭では、電力消費量の約16%も照明器具が占めています。こまめなスイッチのOFFという照明器具の使い方もそうですが、照明器具を選ぶ時にも地球環境や家計にもやさしいあかりなのです。 LED照明には、「省エネ」、「長寿命」、「コンパクト」、「低発熱」という、LEDの優れた特長が活かされています

長寿命でメンテナンスフリー、コンパクトなLEDなら、照明器具に限らず、柱や天井、扉などの部材に組み込んだ使われ方も可能になります。

夏はブルーのLEDで涼しげな空間を演出。冬はオレンジ色のLEDで温かみのある空間など、LEDの色を使った空間演出も可能です。

LEDのコンパクトさがそのまま活かされた薄型の照明器具や埋め込み部分の浅いダウンライトの登場で、さまざまな空間をスッキリと照らすことも可能です。

また、LEDの指向性を活かした照明計画で、より快適な明るさも実現します。空間全体を明るくするのはもちろんのこと、手元などの明るくしたい場所を的確に照らすことができるのもLEDならではのあかりです。



スポンサーサイト



theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

月別アーカイブ