FC2ブログ

891/■やっぱりトマト

P1070360.jpg
年の夏菜園では、やっぱり大玉トマト!

連作やカラス被害、雨除けの必要などでしばらく栽培してませんが、
数年ぶりの挑戦となります。

例年、夏はナス科の野菜を栽培しているので、土には連作対策の有機微生物やその餌となる、
くん炭や卵の殻、コーヒーやお茶殻を配合、コンパニオンプランツとして相性の良い、自家製ニラを一緒に植えるための苗づくりの準備も整えています。

そして、苗は連作障害に強い接木苗を購入しました。

後は、天気の良い日を見計らって植える日を待つのみです。

夏野菜は、植える状況で半分が決まるほど重要なポイントです。
それを見極めるのが、失敗を防ぐ大事なことなのです。

スポンサーサイト



theme : 家庭菜園
genre : ライフ

月別アーカイブ